自動車

FCAとルノーの統合案「破局」 セレブ会長2人の行方、カギ握る日産 (1/3ページ)

 販売台数世界一の自動車連合を目指した欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)と仏ルノーの経営統合案は、発表から10日で破局した。FCA、ルノーとも昨年、「カリスマ経営者」を失ったばかり。FCAのジョン・エルカン(43)、ルノーのジャンドミニク・スナール(66)の2人の「欧州セレブ会長」が、社命をかけて手を組んだ計画だったが、土壇場で崩れた。(産経新聞パリ支局長 三井美奈)

 エルカン会長は、イタリアのフィアット創業家アニエリ一族の御曹司。フィアット総帥だった祖父ジャンニ・アニエリ氏から後継指名を受け、21歳で取締役になった。母はジャンニ氏の一人娘、父は米国人作家で銀行一族の出身。ニューヨーク生まれで英仏伊、ポルトガルの4カ国語を操る。幼少時から帝王学をたたきこまれ、「スキー場では、祖父に一番険しい斜面に連れて行かれた」という。190センチ近い長身にモジャモジャ頭のイケメンで、妻の実家はイタリア屈指の旧名門貴族だ。

 エルカン氏は「名番頭」のカナダ人、セルジオ・マルキオンネ最高経営責任者(CEO)を昨年7月、失った。ゴーン被告と並ぶ業界のカリスマだった。負債まみれのフィアットを合理化し2009年、経営危機に陥ったクライスラーとの提携で蘇らせた。14年に完全子会社化してFCAを設立。これからという時、病に倒れた。

 マルキオンネ氏と、ルノーCEOだったゴーン被告はかつて提携を探ったという。強烈な個性がぶつかり、実を結ばなかった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus