神奈川発 輝く

生産者や従業員が幸せになる仕事を「チョコレートデザイン」 (1/3ページ)

 「チョコをツールとして、幸せを生み出す瞬間をつくるのが好き」。そう語るのは、横浜に本店を構えるチョコレート店「VANILLA BEANS(バニラビーンズ)」を運営する「チョコレートデザイン」の八木克尚代表(43)だ。川崎店と合わせて年間約7万人が訪れる人気ブランドで、今年3月には鎌倉店がオープン。「カカオ豆をつくる生産者も、店で働く従業員も、全員が幸せになれるビジネスをしている」と八木代表は話す。

 プレハブ小屋から

 看板商品のチョコレートサンド「ショーコラ」や、常時全20~30種のフレーバーがあるタブレットチョコレート(板型チョコ)などが店頭に並ぶ。パッケージデザインにもこだわっており“人にプレゼントしたくなる”ようなデザインを意識したという。世界各国で開催されているチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」の本場・フランスのパリ会場には、3年連続で出店しており、神奈川県内の全3店舗に、世界中からファンが集まる。

 八木代表は生まれも育ちも横浜。夢をパティシエと定めたのは12歳のときだった。20歳で菓子専門学校を卒業し、菓子店で働きながら、「20代で自分の店を持つ」という目標をかなえるべく、2000年4月、自身が23歳のときに起業。楽天市場のインターネット通販を通じ、チョコレート菓子を中心とした洋菓子販売を1人で始めた。自宅の庭に2坪のプレハブ小屋をつくり、中にパソコンとIH調理器など最低限の設備を入れ、その中で調理から梱包(こんぽう)、出荷まで全てを行った。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus