乗るログ

プレミアムブランドが進むべき道? BMW「i3」が示す新たな価値創造 (3/4ページ)

SankeiBiz編集部

 箱根の屈曲路を走る

 やがてターンパイクのワインディングに舞台を移し、いざ走行性能を試す。これまでエコモードで走行してきたが、ここから先はコンフォートモードに切り替える。ちなみにi3はこれが最大パフォーマンスを発揮するモードとなる。スポーツモードのようなものはないのだ。

 小田原料金所から入ると、いきなり長いアップヒルが待ち構える。ただし、全高1550mmのお洒落なコンパクトカーだからと侮るなかれ。アクセルを踏み込めば、最大出力125kW/170ps、最大トルク250Nmを誇るモーターユニットが驚きのパワーを見せつける。しかも、加速に伴い景色がビュンビュンと流れても、モーターは無音のまま。シングルスピード構造を採用したことで変速ショックもない。まるで宙に浮いたリニアモーターカーや、小型飛行機で路面すれすれを滑空しているかのような感覚だ。

 ワインディングの走りも実に気持ちがいい。i3は駆動系システムをトランク直下に格納した「リアモーター・リアドライブ」のため、後輪駆動ならではのドライバビリティとハンドリングが楽しめるのだ。いわゆるRRの構造であり、軽量なノーズがグイグイとカーブに切り込んでいく。そもそも車重1440kgという軽量ボディを活かした抜群の俊敏性で、リズミカルな走りを味わえる。思い通りに操ることのできる爽快な走り味が、BMWらしさでもある。

 軽量ボディの秘密は、上下に二分割された車体構造にある。アルミ合金製シャシーの上に、量産車として初めてCFRP(カーボン・ファイバー強化樹脂)を採用した軽量のキャビンを組み合わせており、優れたボディ剛性や弾性はもちろん、床下にバッテリーを並べることで低重心と50:50の前後重量配分も実現。強度に優れるカーボンを使用することでBピラーが不要となり、観音開きのコーチドアを採用していることには驚かされた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus