話題・その他

千葉元気印企業大賞 キーパーソンインタビュー (1/4ページ)

 ■「これ、おもろいか?」発想をカタチにする

 □工藤英之 拓匠開発社長(2016年度第22回 優秀経営賞受賞)

 「『本能に、感動を。』という経営理念に従い、『おもろいもの』に挑戦を続けることで、社員にも街の人たちにも、拓匠開発を好きになってほしい」

 平屋建ての分譲住宅供給を通じたまちづくり、生きた樹木を建築上の基礎として活用するツリーハウスのある集いの場の提供。次々と斬新な発想を実現し、不動産開発の業界からも注目を集める。

 父親の会社を継いで2代目社長に就任したのは2009年6月。住宅購入用途向けサブプライム・ローンの不良債権化や投資会社大手リーマン・ブラザーズの経営破綻など米国発の経済危機が地球規模で波及した時期に、新たに就任した社長は「攻め」より「守り」の経営に追われた。

 「周囲からは『会社を守っていくことが何よりも重要』と繰り返し聞かされてきた」と振り返る。しかし、2年ほどして、父親の社長時代に比べて売上高はわずかに伸びたものの、自らが経営しているという実感を持てなかったという。

 「大きな失敗もせず、会社を維持してきた。その一方で、ほとんど何も挑戦していなかったことに気付いた」

 拓匠開発は、戸建てのディベロッパーである。土地の基本調査や測量、土地の仕入れを行い、街の企画設計を経て開発許認可を取得する。造成工事を行い、ハウスメーカーなどに区画を販売して利益を得る「B to B」ビジネスを主力事業としている。

 父の時代にも、業容の拡大を狙って戸建ての建築設計施工、販売という「B to C」事業に乗り出したがうまくいかなかった。2代目社長は、挑戦する経営の突破口として、父ができなかった「B to C」への再挑戦を決意し、見事に成し遂げた。

 「父は、すべてを自分でやろうとしていた」と敗因を分析。専門家をヘッドハントし、「強いプロ集団」の編成に力を入れた。ワンマン経営から脱皮し、全員参加のチーム経営を目指した。

 社長就任時に社員数は20人程度だったが、今ではおよそ70人となった。「社員の意見を集約したうえで、最後はトップである自分が決断する」という経営スタイルを徹底し、次々とアイデアあふれるプロジェクトを実現してきた。

 「坪単価」で住宅を評価する傾向がみられる日本の不動産業界において、「平屋建ての街づくり」はそうした業界慣習を問い直す発想に基づいているとも言える。日本の戸建ての分譲は、狭い土地を使って、いかに広い空間をつくるかに重点が置かれる。このため、住宅業界では2階建てから3階建てへといわば「上へ上へ」の発想で競争が行われる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus