近ごろ都に流行るもの

紅茶がカレーに合う理由 インフルエンザウイルスを無力化する働きも (2/2ページ)

 盛り上がる紅茶ブームのなか、世界のお茶専門店ルピシア自由が丘本店(東京都目黒区)では、テークアウト用のティースタンドをオープン。今月12日から14日、旬の夏摘みアッサム紅茶の飲み比べ試飲会を予定している。

 11月1日は「紅茶の日」だった。1791(寛政3)年11月1日、伊勢の国(現・三重県)出身の船頭、大黒屋光太夫がロシアの女帝・エカテリーナ2世のお茶会に招かれ、日本人として初めて外国の正式な茶会で本格的な紅茶を飲んだ-という逸話からきている(日東紅茶のホームページより)。

 アフタヌーンティー・ティールームは、全国86全店で紅茶全品を111円で提供。JR東京駅前の商業施設「KITTE」1階でも紅茶関連6社合同でティーバッグやペットボトルの紅茶サンプリングを予定している。「紅茶ポリフェノールのインフルエンザウイルス無力化」の研究成果も展示された。

 紅茶にはさまざまなフレーバーがあり、合うつまみを見つけるのも楽しみだ。「お茶よりおちゃけ(酒)」派の筆者も、紅茶の魅力を再発見。休肝日には紅茶もいいね!(重松明子)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus