高論卓説

新型コロナ、中国の責任転嫁に絶句 (1/2ページ)

 60年ごとに災難が訪れる庚子の年

 今年は十二支でいうとねずみ年にあたる。また、十干と十二支を組み合わせ、甲子(きのえね)からはじまり60番目の癸亥(みずのとい)までの干支(えと)でいう37番目の庚子(かのえね)の年にもあたる。余談だが、甲子園球場の名前の由来は、1924年の甲子の年に完成したことから来ている。(森山博之)

 中国ではこの60年に一度の庚子の年は激動の年になるといわれている。1900年には義和団の乱が起こり、八カ国連合軍が北京に攻め入り、その後の清朝滅亡へとつながった。このときの賠償金を中国では「庚子賠款」といい、この賠償金の一部を米国が返還して設立されたのが、現在の清華大学の前身である。さらに1960年前後には、大躍進政策により数千万人の餓死者を出している。そして、今年2020年には、新型コロナウイルスによるパンデミック(世界的な大流行)が発生している。

 新型コロナの発生源は、中国湖北省武漢市の「華南海鮮卸売市場」とされているが、中国政府は自国内での感染者の抑え込みにめどがつくと、一転して自国が発生源であることを否定するかのような態度に豹変(ひょうへん)した。中国外務省の報道官が「米軍が武漢に感染症を持ち込んだ」とネットに書き込みをするに至っては、米国の公職関係者も中国の地名を冠した別名で新型コロナを称するなど、双方の非難の応酬を招いた。

 中国政府の隠蔽(いんぺい)体質が初動の遅れをもたらし、さらに諸外国への情報伝達の遅れにつながり、現在の世界中での蔓延(まんえん)につながったのである。東京オリンピック・パラリンピックも延期になるなど、世界中を混乱に陥れるきっかけを生じさせておきながら、その責任を他国に転嫁しようとする中国政府の態度には、開いた口がふさがらない。

 華南海鮮卸売市場は「海鮮」とは名ばかりで、実際には生きた野生動物も食材として販売していた。中国では野味(やみ)という野生動物を食材とすることを珍重する食文化がいまだに存在する。滋養強壮などに効果があるとされているのだ。

 03年のSARS(重症急性呼吸器症候群)の際に、野生動物の販売が禁止となったが、その後「飼育された野生動物」という限定条件付きで販売が解禁されていた。ただ、野生動物が家畜化されたわけではなく、なし崩し的に黙認されてきたのだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus