今日から! 食品ロス削減へ

コンポストに事業ごみ…身近な場所で食品ロス改革 (1/3ページ)

吉田由紀子
吉田由紀子

 いま、世界で大きな問題となっている食料品の大量廃棄--。環境省によると、日本では年間600トンもの食品ロスが発生している。本来は食べられるのに廃棄されてしまう食べ物を「食品ロス」と呼んでおり、このうち家庭から出る食品ロスは276万トン(2018年度)にものぼる。1人あたりの年間廃棄量は47kgで、この数字は、1人あたりの年間の米消費量(54kg)に相当する。これほど大量の食品を私たちはごみとして捨てているのである。年々減っているものの、日本はまだ「食料廃棄大国」といって過言ではない。

 2015年、国連サミットにおいて「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択された。そこには2030 年までに「小売・消費レベルにおける世界全体の一人あたりの食料の廃棄を半減」「収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける食料の損失を減少させる」といったビジョンを示している。

 また、2019年10月には、日本で初となる「食品ロス削減推進法」も施行されている。

 こういった状況を受けて、食品ロス削減への取り組みが着実に増えている。その様子を4回シリーズでお届けしたい。第1回は身近な場所で行われている活動をご紹介する。

 バッグの中で生ごみを堆肥に「都市型コンポスト」

 毎日、台所から出る生ごみや食べ残し。統計によると、日本人は1日に茶碗1杯分の生ごみを捨てている。これらは可燃ごみとして回収され、焼却場で処分される。膨大な燃料費がかかるだけでなく、排出する二酸化炭素が温暖化の要因にもなっている。

 ひと昔前は、生ごみは家庭で堆肥や飼料として再利用していた。現代でもコンポストを使って同じことが可能である。コンポストとは、家庭で出る生ごみ、落ち葉、下水汚泥などの有機物を、微生物の働きによって発酵・分解させて堆肥にする容器のことだ。昔から伝承されてきた日本の大切な知恵である。

 食品ロス削減に活用できるコンポストだが、残念ながら問題点がある。それは、設置するにはある程度広い場所が必要という点。さらに、こまめに手入れをしないと臭いや虫のトラブルも起こってしまう。そのため、初心者には少し扱いづらいものだった。

 こういった問題をなんとか解決できないか。そう考えた末に開発された新型コンポストが、話題を集めている。LFCコンポストバッグである。

 文字通りバッグ型になっており、高さ37cm幅50cm奥行21cm(持ち手は含まず)。ベランダに置けるサイズになっているのが画期的だ。バッグの素材には国内で廃棄されたペットボトルから作った再生生地を使用しており、何度も繰り返し利用できる。

 このコンポストバッグを開発したローカルフードサイクリング株式会社に取材を行った。同社代表のたいら由以子さんは、20年以上前から安心で安全な食の実現、地域での栄養循環に取り組んでおり、研究を重ねてコンポストバッグの開発に成功。2020年1月に発売したところ、利用者が2万人を超すヒット商品になった。

 「長年、都市部で使えるコンポストを研究してきました。バッグなら広い庭がなくても、マンションのベランダなどで使ってもらえます。生ごみを堆肥にするには微生物の分解力が重要ですが、分解を促進するために、独自の基材を使っています。すべて自然素材です。また、コンポストで面倒なのは外部から虫が侵入する問題です。そのリスクを最小限に減らすため完全密閉が可能な特別仕様のファスナーを使用し、虫の発生を防いでいます」(ローカルフードサイクリング株式会社 代表取締役・たいら由以子さん、以下同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus