Bizプレミアム

ジョブズに招かれた日本人が開発した「意図予測」の検索精度がすごかった (2/2ページ)

SankeiBiz編集部
SankeiBiz編集部

 FAQページの性能が向上すれば、ユーザーからのさまざまな問い合わせ、クレームに対応するコールセンターの業務を補うことができる。コールセンターは離職率の高い職場といわれ、企業は人員を維持するだけでも手間がかかる。業種によっては、特定の時期に専門的な知識を備えた多くの人材を配置しなければいけないケースもある。例えば、会計ソフトや財務システムの販売会社であれば、確定申告のシーズンに問い合わせが一気に増えるだろう。FAQページでほとんどの問い合わせに対応できるようになれば、コールセンターの人材を大幅に削減することが可能だ。

 辞書作りに1カ月

 ヘルプフィールは現在、フリーマーケットサービス「PayPayフリマ」やネット印刷の「ラクスル」といった企業のほか、東京都小平市など自治体のホームページでも導入が進んでいる。強みは何と言っても、やはりFAQ検索ヒット率「98%」という実績。だが、どうしてこのような精度を実現することできたのか。

 「納品するお客さまの企業に合わせて、予測変換の精度を上げるための辞書作りをしています。これは膨大な作業です」

 洛西さんによると、「テクニカルライター」と呼ばれる担当者が、納品先の企業のためにカスタマイズした辞書を作成。ユーザーによって異なる言葉選びの違いや感情的、抽象的な表現、送り仮名の違いやスペルミスにも対応できるようにプログラムを作っているという。

 日本語は多義的な名詞や同義語が少なくない、世界でも極めて難しい言語とされる。「結構です」という言葉が文脈によってさまざまな意味を持つという一例を考えるだけでも、納得がいく話だ。約1カ月かかるという辞書作りは膨大な作業量に違いないが、そうしてできた企業ごとの辞書のおかげで、質問パターンを50倍以上に拡張することが可能になり、ユーザーが使うさまざまな言葉から質問を予測できるのだという。

 画期的な検索システムを生み出したNotaを経営する洛西さんは異色の経歴の持ち主だ。高校時代の1999年にウェブクリッピングソフト「紙copi」を開発。世界的にヒットし、約3億円のセールスを記録した。慶應大大学院を修了後、2007年に渡米しNota Inc.を設立。アプリやウェブの開発を手がけ、中でもスクリーンショット共有ツールの「Gyazo」は世界トップシェアとなった。2003年度には、経済産業省の「IPA未踏ソフトウェア創造事業天才プログラマー」にも認定された偉才だ。

 しかし、挫折も味わった。米国に拠点を置いたものの、「グローバルサービスにつなげることができず、すっからかんになって2012年に帰国しました。当時すでに結婚していましたが、資金はほぼゼロ。収入も家もありませんでした」と振り返る。その後は受託開発でしのぎ、2017年に「Gyazo」や「Scrapbox」などのサービスの収益化で黒字を達成。「日本のデジタルトランスフォーメーション(DX)の最先端を行っている」と自負する。

 洛西さんらが開発したヘルプフィールが多くの企業のFAQページに導入されれば、そう遠くない将来、「ただいま、電話が大変混みあっています」というフレーズは過去のものとなるかもしれない。洛西さんははにかみながら言った。「ちょっと未来を生きています。傲慢な考え方ですが、あとから社会が追い付いてくる、と。そういう考え方が好きです」

SankeiBiz編集部
SankeiBiz編集部 SankeiBiz編集部員
SankeiBiz編集部員が取材・執筆したコンテンツを提供。通勤途中や自宅で、少しまとまった時間に読めて、少し賢くなれる。そんなコンテンツを目指している。

【Bizプレミアム】はSankeiBiz編集部が独自に取材・執筆したオリジナルコンテンツです。少しまとまった時間に読めて、少し賢くなれる。ビジネスパーソンの公私をサポートできるような内容を目指しています。アーカイブはこちら

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus