水戸市、ソウルフード「納豆」の年間消費額で首位陥落か 視線は早くも来年に (1/2ページ)

JR水戸駅南口に設置された納豆をPRする横断幕=水戸市(上村茉由撮影)
JR水戸駅南口に設置された納豆をPRする横断幕=水戸市(上村茉由撮影)【拡大】

 昨年の総務省家計調査で1世帯(2人以上)当たりの納豆消費額で3年ぶりに首位を奪還した水戸市が、今年は苦戦している。9月までは2位で粘っていたが、10月には3位に順位を下げ、首位の福島市との差は1132円にまで開いた。首位陥落が濃厚になったが、市や茨城県納豆商工業協同組合は早々に気持ちを切り替え、来年に返り咲きを果たそうと、引き続き、「水戸のソウルフード」(市観光課)の消費拡大に取り組む。

 市観光課によると、今年の1世帯当たりの納豆消費額は、10月までの累計が5660円の福島市が独走。同市は7カ月連続で月間消費額が1位で、昨年の水戸市の年間消費額5565円をすでに上回っている。2位は、9月の4位から躍進した盛岡市で4551円。4528円の水戸市が23円の僅差で追うが、4位の山形市とは102円しか離れていない。

 市や同組合は2年連続1位を目指し、昨年に続いてあの手この手で納豆のPRに努めてきた。毎年盛況の「納豆早食い世界大会」や納豆講座「I LOVE 納豆」の開催をはじめ、7月には、市内で納豆料理を味わえる店舗の紹介マップも作成した。イオンモール水戸内原で11月26日に開いた「いばらきの納豆まつり」には、約2千人が集まった。

 水戸市は昨年、11月時点で1位の盛岡市に67円の差を付けられていたが、12月の追い込みで逆転。その差はわずか5円だった。