絶滅危惧種「センザンコウ」のはく製、メルカリに出品 男女を書類送検

フリーマーケットアプリ「メルカリ」に出品された「センザンコウ」の剥製=11日午前、警視庁東村山署
フリーマーケットアプリ「メルカリ」に出品された「センザンコウ」の剥製=11日午前、警視庁東村山署【拡大】

 ワシントン条約で絶滅危惧種に指定されている哺乳類「センザンコウ」の剥製をフリーマーケットアプリ「メルカリ」に出品したとして、警視庁東村山署は11日、種の保存法違反の疑いで、鹿児島市の自営業の男(72)と、長野県上田市のアルバイトの女(23)を書類送検した。

 同署によると、センザンコウはうろこを持つ哺乳類として知られ、今年1月から同法により譲り渡しなどが禁止されている。センザンコウ出品による摘発は全国初という。

 男の書類送検容疑は、1月2日~5月2日、センザンコウの剥製1体を「珍獣センザンコウの剥製ウロコを持った哺乳類美品」として掲載し、1万円でメルカリに出品したとしている。

 また、女の書類送検容疑は、4月12日~5月2日、センザンコウの剥製1体を「全長80センチくらい」として掲載し、7500円でメルカリに出品したとしている。

 いずれも容疑を認めており、「規制されているのを知らなかった」などと供述している。

 商品は売却前にメルカリの運営会社が気付き、いずれも5月2日に出品を削除した。