冬季五輪、なぜ平昌が主会場に? 政治の思惑色濃く 雪質の悪さ致命傷 (1/3ページ)

平昌五輪の開会式で打ち上げられた花火=9日(共同)
平昌五輪の開会式で打ち上げられた花火=9日(共同)【拡大】

 4年に1度の冬の祭典、第23回冬季オリンピック平昌大会は9日、平昌五輪スタジアムで開会式を行い、17日間の熱戦が始まった。冬季史上最多92カ国・地域から2925選手が参加、前回ソチ大会よりも4つ多い102種目でメダルを競う。日本は153選手を送り、ソチ大会の8個を上回るメダル獲得を目標に掲げる。

 北の意のままに

 平昌大会は、政治の思惑が色濃く影を落とす。国際社会の出方を眺め、もったいつけた北朝鮮が参加を表明したのは今年初頭である。前のめりの韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権を翻弄、南北合同行進の実現、女子アイスホッケー合同チーム結成に女子芸術団や応援団の派遣など、意のままに操る北の強さが際立つ。

 白地に青く朝鮮半島を描いた統一旗を掲げた合同行進は2006年冬季のトリノ大会以来。ただ開会式前日、朝鮮人民軍創建70周年を記念する軍事パレードを強行した北朝鮮である。一気に雪解けに進むとは考えられない。

 平均標高700メートル、韓国北東部・江原道の平昌は山のまち。氷点下、仮設の開会式会場は屋根のない吹きっさらし、強い風をさえぎるものもなく、参加者への影響を心配した。

 なぜ、ここ平昌が主会場になったのだろうか。

 「オリンピック開催を機会にここをスキーリゾート地として売り出したいんですね」

「開催することの効果は、簡単には表れない」