重症化しやすい「汗荒れ」 夏の肌トラブル、早めのケアが大切 (2/3ページ)

2014.8.24 07:28

首回りの汗荒れ(「よしき皮膚科クリニック銀座」提供)

首回りの汗荒れ(「よしき皮膚科クリニック銀座」提供)【拡大】

  • 汗荒れになった腕。夏に多い肌トラブルの一つ(「よしき皮膚科クリニック銀座」提供)

 早めのケア

 汗疹は触らなければ通常、数日で治ることが多い。しかし、かゆみを伴う汗荒れは、かきむしるなどして重症化しやすい。このため、肌の保湿を心掛けるなど早めのケアが大切だ。

 「汗荒れを予防するには皮膚の乾燥を防ぐことが大事」と吉木院長。風呂上がりの清潔な肌にローションやクリームといった保湿剤をつけて乾燥を防ぐ。皮脂の少ない腕や脚を中心につけるといい。保湿剤には香りなど雰囲気を楽しむものもあるが、乾燥を防ぐにはスキンケアを重視したものを選ぶ。

 入浴時の洗い過ぎも肌を荒れやすくするので、肌をごしごしこすらず、せっけんを使い過ぎないように注意する。肌が蒸れないよう衣類を工夫することも汗荒れの予防につながる。

 汗疹は汗管密度が高くて体重当たりの発汗量の多い子供によく見られるが、汗荒れは大人にも子供にも起きる。

 汗荒れを起こしやすいのは、汗をよくかく人や皮膚のデリケートな人。高齢者も発汗量が低下する一方で、皮膚が薄くなって乾燥しやすい。

 厳しい残暑が続く折から、汗をかいたときは肌トラブルに注意が必要だ。

なりやすいのは首回り

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。