下半身が気になる… 働く女性の好感度アップのカギは“姿勢”にあり (3/3ページ)

2015.2.1 07:15

 【おなか】

 ・ぴったりした服は着ない、ゆったりめの服を着て隠す→「服装でカバーする」

 ・背すじを伸ばしておなかを引きしめる→「姿勢を良くする」

 ・へこませる、ひっこめて歩く→「おなかに力をいれる」

 ・ガードルを着用する→「下着で補整する」

 【太もも・ふくらはぎ】

 ・着圧ストッキングやタイツ、靴下をはく→「ストッキングですっきりみせる」

 ・黒のタイツなどで細く見せる、引き締める→「色の効果を利用」

 ・太ももやふくらはぎが隠れる服を着る→「服装でカバー」

 【ヒップ】

 ・ぴったりしたパンツは着ない、ヒップが隠れる服を着る→「服装でカバー」

 ・ヒップ効果のあるガードルなど下着を着用→「下着で補整する」

 働く女性にとって、好感度をアップするためにも、また自信がない部分をカバーするためにも、“姿勢”を意識したり、服装や下着を意識するなど、様々な対策をとっていることが明らかになった。

 ■調査概要

  調査対象:20代~40代女性 計515名  

  調査期間:2014年7月30、31日  

  調査方法:インターネット調査

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。