結婚相手に求める最低年収、女性の6割が「500万円未満」 (2/8ページ)

2015.3.1 17:10

 また、女性で「500万未満」と回答した人からは、「お金は関係ない」「普通に生活できるぐらいの収入があれば」「二人でどうにかすればいいから」といったコメントが多く寄せられた。一方で、「500万以上」と回答した人からは、「専業主婦になりたいから」「お金に困りたくないから」「豊かな暮らしができるから」といったコメントが多く見られた。なお、男性の場合は「こだわらない」という回答が過半数以上を占める結果となり、「自分が稼ぐから」「お金より性格重視のため」「女性に求めない」といったコメントが多く寄せられた。

◎「こだわらない」と回答した人のコメント

 ◯男性

 ・「愛してる相手ならお金は問題ない」(男性/30代前半/福岡県)

 ・「自分が稼いでるから!」(男性/30代半ば/東京都)

 ・「自分が稼げばよいから」(男性/20代前半/東京都)

 ・「自分の給料+α程度にしか考えてないから。」(男性/20代前半/茨城県)

 ・「お金は男が稼ぐ」(男性/20代前半/愛知県)

 ・「専業主婦でなけれは」(男性/30代前半/静岡県)

 ・「相性が一番大事」(男性/20代半ば/長崎県)

 ・「お金よりも性格重視のため」(男性/30代半ば/大阪府)

 ・「お金は最悪なんとかなる、精神的に支えてほしい」(男性/20代半ば/大阪府)

 ・「女性にそこまで求めない」(男性/30代後半/神奈川県)

 ・「女性に頼ってはダメだから」(男性/30代半ば/佐賀県)

 ・「女性にはワークライフバランスを大切にしてほしいから」(男性/20代後半/大阪府)

「貧乏なら貧乏でも好きな相手となら楽しい」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。