結婚相手に求める最低年収、女性の6割が「500万円未満」 (4/8ページ)

2015.3.1 17:10

 ◎「300万以上」と回答した人のコメント

 ◯男性

 ・「働いていればお互いの苦労がわかるので」(男性/20代後半/東京都)

 ・「必要最低限本人の趣味などに使うお小遣いとしてそのくらいあればいいと思うから」(男性/30代半ば/山梨県)

 ・「少しでも収入があった方が、生活が楽になるから。」(男性/30代半ば/静岡県)

 ・「お金がすべてじゃないから」(男性/30代半ば/広島県)

 ・「最低限稼ぐ意欲が欲しいため」(男性/20代後半/埼玉県)

 ・「今の世の中だとリアルでしょ」(男性/20代前半/北海道)

 ・「自分の年収が少ないから」(男性/20代半ば/愛知県)

 ・「最低限の暮らしはできそうだから」(男性/30代半ば/東京都)

 ・「働いていれば特にこだわらないためです」(男性/20代半ば/鹿児島県)

 ・「お互いに稼げれば家庭が楽だから」(男性/30代後半/茨城県)

 ◯女性

 ・「お金ばかり気にしてたら寂しいから」(女性/30代前半/京都府)

 ・「普通に生活できるぐらいの収入があれば」(女性/30代半ば/茨城県)

 ・「そこそこの生活ができる金額でいいので」(女性/30代後半/和歌山県)

 ・「自分以上は欲しい」(女性/20代前半/大阪府)

 ・「最低限の生活費だけは…」(女性/30代前半/大阪府)

 ・「自分より、少しあるくらいがいいと思ったから」(女性/20代後半/沖縄県)

 ・「徐々に上がればいいと思うので」(女性/20代半ば/神奈川県)

 ・「生活面を考えるとそれくらいは欲しい」(女性/30代前半/京都府)

「400万以上」と回答した人のコメント

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。