独自に進化! 北陸3県で乗れる「い~じ~」な乗り物7選 (1/3ページ)

2015.8.9 17:04

【TRAVEL HACKS】

 E7/W7系で“乗ることを楽しむ”旅のスタイルを知ったなら、北陸を走る“い~じ~”(金沢弁で“いいなぁ”の意)な乗り物にもトライしたい。ここでは編集部が厳選した7つの乗物を紹介!

 ◎独自の進化を遂げた“珍”乗り物たちの宝庫

 北は日本海、南は急峻な立山連峰などに囲まれている北陸3県。風光明媚な自然が広がるこの一帯は、交通の便が悪いがゆえに、交通インフラが独自の発展を遂げてきた。例えば、富山ライトレールは、15分ごとに運行することで町の活性化の一助となった。また氷見線や万葉線は、地元出身の漫画家が創作した人気キャラクターとのコラボで観光客の増員を図っている。そのほか、立山や黒部ダムなどの“地の利”を生かした乗り物があり、実にユニーク! 新幹線の開通で、これらに乗り継ぎやすくなった今、“北陸・乗り物リレー”を楽しんでみては?

 (1)懐かしき特急列車と再会!

 富山地方鉄道 アルプスエキスプレス

 九州新幹線などのデザインで知られる水戸岡鋭治が、旧西武鉄道のレッドアローを改造。当時の外観を保ちつつ、木製の窓枠やカウンター席などで、沿線の自然と調和する車内となっている。

トロッコが急峡な山合いを力走

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。