「40歳は女子とは言わない!」 40代の恋バナ・胸キュンはイタすぎる!? (2/4ページ)

2015.11.22 17:16

美人で仕事もできる40歳独身キャリアウーマンを演じる篠原涼子

美人で仕事もできる40歳独身キャリアウーマンを演じる篠原涼子【拡大】

  • 「オトナ女子」の制作発表に出席した(前列左から)吉瀬美智子、篠原涼子、鈴木砂羽(後列左から)谷原章介、江口洋介(高橋朋彦撮影)
  • 美人で仕事もできる40歳独身キャリアウーマンを演じる篠原涼子。髪をかき上げるしぐさが色っぽい
  • 下着メーカー・トリンプの人気商品「天使のブラ極上の谷間」の発表会に出席した篠原涼子=平成26年2月、東京都目黒区(高橋朋彦撮影)

 賛否両論「すてきなアラフォー」「40にもなって…」

 平成25年4月クールの同局同枠で大ヒットした「ラスト・シンデレラ」で、女を忘れた39歳「オヤジ女子」を熱演して話題をさらった篠原だが、今回は正反対ともいえる役柄だ。女性からも高く支持されている篠原の起用で今回もヒットを狙ったが、視聴率は初回から一度も2桁を超えていない。

 巷の声を拾ってみると、「篠原涼子、きれいでかわいい」「すてきなアラフォーたちで胸キュンしてます」「毎週楽しみ」と高評価の一方で、「40歳女ってこんな話ばかりしてるの?」「バブル期のトレンディードラマみたい」「髪かきあげすぎ、胸はだけすぎ」「いい年して恋愛しか頭にないみたいで、イタい…」という辛口の意見も目立つ。

 増殖し多様化する「女子」

 そもそも、すっかり定着した「女子」だが、大人の女性をも『女子』とする風潮はいつからだろうか。

 21年の「ユーキャン新語・流行語大賞」に「女子力」という言葉がノミネートされた。そこには、「漫画家の安野モヨコ氏が提唱。『きれいになりたいと願い、行動する力』という意味で使われるが、最近ではその意味はさらに広くなり、女性であることを楽しむ積極性や、女性特有の魅力を高めていく前向きな姿勢を指すようになった」と評されている。いまや「女子」は多様化を極め、ありとあらゆる女子が増殖中だ。

「『女子(ガール)』の使われ方にはいくつかのカテゴリーに分けられます」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。