少ない年金、どう増やす…50代後半女性 受給遅らせて、増額は? (1/5ページ)

2015.10.25 17:12

報酬比例部分

報酬比例部分【拡大】

  • 老後に備えて、年金受給を考えたい
  • 年金の繰り上げ繰り下げ受給率

 60歳の声が聞こえてくると、老後の生活に思いが及ぶ。これから60代に入る50代後半の女性では、働いた期間があり、厚生年金も多少はあるという人が増えてくる。今日は読者のお便りから、厚生年金と、誰もが受け取る「基礎年金」の両方がある「50代後半、女性の年金」を考える。(佐藤好美)

 青森市に住むパート社員、吉野優子さん(58)=仮名=は最近、老後の生活設計を考え始めた。

 吉野さんは2年後に厚生年金が受け取れる。さらに65歳になると基礎年金も受け取れる。年金受給が身近になり、改めて自分の年金を考えたのだ。

 「年金は、受け取る時期を遅らせる『繰り下げ』をすると、額が増えると聞きました。私の場合、どのくらい遅らせれば、どのくらい年金額が増えるのか知りたいのですが…」

 吉野さんは大学卒業後に就職したが、結婚を機に退職。30代半ばで再び働きに出た。仕事はパートだったが、厚生年金に加入することができ、20年以上、会社員として働いている。

支給引き上げは女性が5年遅れ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。