「40歳は女子とは言わない!」 40代の恋バナ・胸キュンはイタすぎる!? (3/4ページ)

2015.11.22 17:16

美人で仕事もできる40歳独身キャリアウーマンを演じる篠原涼子

美人で仕事もできる40歳独身キャリアウーマンを演じる篠原涼子【拡大】

  • 「オトナ女子」の制作発表に出席した(前列左から)吉瀬美智子、篠原涼子、鈴木砂羽(後列左から)谷原章介、江口洋介(高橋朋彦撮影)
  • 美人で仕事もできる40歳独身キャリアウーマンを演じる篠原涼子。髪をかき上げるしぐさが色っぽい
  • 下着メーカー・トリンプの人気商品「天使のブラ極上の谷間」の発表会に出席した篠原涼子=平成26年2月、東京都目黒区(高橋朋彦撮影)

 「テレビドラマを学問する」の著書のある中央大学文学部の宇佐美毅教授は、「『女子(ガール)』の使われ方にはいくつかのカテゴリーに分けられます」と話す。

 たとえば、(1)「相撲女子」や「カメラ女子」「山ガール」など“趣味に打ち込む女性”(2)「カープ女子」「歴女」「リケ女」など“女性の少ない分野への進出を果たした女性”(3)「腐女子」「こじらせ女子」「おやじ女子」など“特異な趣向・性向を持った女性”…といった具合だ。

 「男性が『○○女子』と使う場合は、男性中心の分野に女性が進出する場合が多く、多分に称賛、驚異、揶揄…などの気持ちを含んでいますが、女性が自ら『○○女子』と使う場合は、いわゆる“女子力”にかかわる場合が多いように感じます」と宇佐美教授。

 ファッション誌などで多用される「オトナ女子」はもっぱら女性が使うと思われるカテゴリーで、その意味では“女子力の塊”とでも言えそうだ。

テレビドラマでも描かれた、「こじらせ女子」や極端な「リケ女」…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。