化血研の刑事告発も検討 厚労相「薬務行政への裏切り」

2015.12.11 23:09

 血液製剤やワクチンの国内メーカー「化学及血清療法研究所」(化血研、熊本市)が国の承認と異なる方法で血液製剤などを製造していた問題で、塩崎恭久厚生労働相は11日の閣議後会見で、「薬務行政を裏切る行為で、組織的な隠蔽は言語道断」と述べ、医薬品医療機器法(旧薬事法)違反の疑いで刑事告発も検討する考えを示した。

 塩崎厚労相は化血研について「自浄作用を働かせるガバナンス(企業統治)の力もなく、法令順守の意識も低い」と批判。刑事告発は「国民の命に責任を持つものとして、いろいろ検討した上で判断する」と語った。

 化血研の第三者委員会は、昭和49年ごろから承認外の方法で血液製剤を製造し、偽の製造記録を作成するなど隠蔽を図っていたと指摘。歴代幹部が不正を認識しながら放置した「重大な違法行為」があったと認定している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。