「最近…ポカミスが多い」 年のせい?気のゆるみ?それとも若年性認知症? (2/4ページ)

2016.1.10 17:13

あなたの脳機能、チェックしてみよう!

あなたの脳機能、チェックしてみよう!【拡大】

 甲状腺の機能低下症によるホルモン異常やビタミンB群の欠乏という内科的な疾患によっても、物忘れ、意欲減退といった症状は表れます。また、脳脊髄液が溜まってしまう正常圧水頭症や頭部打撲で引き起こされる慢性硬膜下血腫など、脳外科的な疾患が原因の場合もあります。

 そして、4、50代の人がかかる若年性認知症による物忘れ。このように寝不足から認知症まで、物忘れには様々な原因が考えられるのです。

 病的な物忘れかどうか見極めのポイントは3つ。

 (1)頻度:物忘れの回数が以前より増えてきたか。

 (2)程度:お客さんとのアポを忘れる、報告書をうまく書けないなど。物忘れで生活に支障をきたしてないか。

 (3)広がり:物忘れだけではなく、字が書けない、計算や言葉が出ないなどの兆候はないか。

 一言でいうと変化です。今までとは違う変化に注意してください。

最近、確かに若年性認知症の患者数は増えています…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。