富裕層の私が月100万円分の肉を食べる理由 実は美味さが目的ではない (3/7ページ)

画像はイメージです(Getty Images)
画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

 2カ月の糖質制限で体重が87kgから62kgまで減った

 さて、言うまでもありませんが、女性は見られることを意識する性です。よって、健康や美容に投資することは常に重要事項ですので、余裕のお金ができれば食生活も改善してジャンク・フード、ファスト・フード、チェーン系のレストランを避けるのは、自然なことにように感じます。そもそも高所得者にとって食事は、「量より質」ですので。満腹感ではなく、口にした瞬間のサプライズ感がすべてなのです。

 こうした健康や美容に投資する傾向がここ数年で高収入の男性にも顕著に見られるようになったと思います。満腹にするのが食事の主目的なら、小麦(麺類、パン、お菓子など)、お米、ジャガイモなど糖質中心の食事が効率的です。しかも、これらは極めてコストパフォーマンスがいい。

 ここのところ糖質制限がはやっていますが、僕の周囲のお金持ちの多くもこれに取り組んでいます。僕もダイエット目的ではありませんが、歯科医院の経営にたずさわっている関係で、ある研究論文の内容を知るところとなり、糖質制限を始めました。すると87kgだった体重が2カ月で25kg減の62kgまで減りました。(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19405829)

 この研究というのは、4週間、旧石器時代食(脂肪分の少ない肉と魚を食べ、小麦を中心とした穀物、イモ類、乳製品などをとらない)をとる代わりに4週間歯を磨かないという実験です。

ウインナー1本あたり25秒も寿命が縮む!?