「あの人のここ見といて」 受付嬢に取引先客の“調査”を頼むエリート社員の狙い (3/3ページ)

画像はイメージです(Getty Images)
画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

 このサプライズをすると、担当社員とお客様は、また一層深い絆で結ばれるように見えました。もしかして、会食よりも相手の懐に入りやすくなるには効果的かも……? 受付嬢の間でも「もう去年のお誕生日から1年なんだね!」なんて盛り上がり、その企業の恒例行事となっていました。

 起業してからよく思うのですが、この世に生まれて来てくれたから一緒に仕事ができていると思うと、社員やお客様の誕生日は自分の誕生日以上にお祝いしたくなるものです。私たち受付嬢は、お客様と深い関わりを持ちづらい職業ですが、勤め先の社員とお客様が関係を深めるシーンを間近で見てきたおかげで、受付での接客の際もより深いおもてなしを心掛けられていたのだと思います。

 みなさんは受付嬢になにかを依頼したことはありますか? 実はいいネタを持っていたり、水面下で動きたいときには部下よりも使えたりするかもしれませんよ……。

【プロフィル】橋本真里子(はしもと・まりこ)

橋本真里子(はしもと・まりこ)ディライテッド株式会社 代表取締役CEO
1981年11月生まれ。三重県鈴鹿市出身。武蔵野女子大学(現・武蔵野大学)英語英米文学科卒業。2005年より、トランスコスモスにて受付のキャリアをスタート。その後USEN、ミクシィやGMOインターネットなど、上場企業5社の受付に従事。受付嬢として11年、のべ120万人以上の接客を担当。11年という企業受付の現場の経験を生かし、もっと幅広い受付の効率化を目指し、16年1月にディライテッドを設立。17年1月に、クラウド型受付システム「RECEPTIONIST」をリリース。

元受付嬢CEOの視線】は受付嬢から起業家に転身した橋本真里子さんが“受付と企業の裏側”を紹介する連載コラムです。更新は隔週金曜日。