弁護士が愕然「有休」を知らない正社員 なぜ労働法に無知な人が多いのか (4/5ページ)

※写真はイメージです(Getty Images)
※写真はイメージです(Getty Images)【拡大】

 どうしていいのか全くわからないという状態の労働者のみなさんに光明を見出すことのお手伝いができたのだから、それ自体はとても嬉しいことではあった。しかし、なぜこのような基本的な知識を労働者たちは知らないのか、ということには疑問を覚えざるを得なかった。

 労働法は、労働者の権利と生活を守るところにその基本的な役割がある。しかし、保護の対象としている当の労働者たちがその権利を知らないということでは、法は絵に描いた餅となる。

 なぜか? その理由は簡単である。

 私たちには、労働法を学ぶ機会がなかった。ただ、それだけのことである。

 学校でも家庭でも学ぶ機会なし

 私自身は1970年の生まれだが、これまでの学校教育、とくに中学・高校の公民を思い返してみて、法について学んだ記憶は、日本国憲法の基本的な成り立ちについてのみ、である。労働法については、学校教育の中では教育を受けた機会がなかったと思う(記憶に基づくので断言はできない)。

 では、そのほかの生活の中ではどうか。

 両親から、労働法の成り立ちや意義、その内容について伝えられたことはない。親戚や地域の人たち、塾などでも。

 おそらく私の体験は、現代の日本人の標準的な体験ではないかと思われる。

 つまり、私たちは、社会に出る以前に、労働者としての基本的素養として、労働法を学ぶという体験を持たないまま実社会に投げ出されていることになる。

 学ぶ機会がないから、知らない。実に単純明快である。

 私は、この、社会に出る以前にまとまって労働法を学ぶ機会がないということについて、2007~2008年ごろから問題意識を持って社会に提起してきた。2009年には、学校現場で労働法を学ぶことの大切さについて、書籍を通じて訴えた(『労働法はぼくらの味方!』岩波ジュニア新書)。また、学校教育の現場での副教材として、『学校で労働法・労働組合を学ぶ』(共著、きょういくネット)という出版にも関わった。

このころから、教育現場には変化が起き始めた