“長寿県”男性は滋賀が初の日本一 女性は長野が首位を守る

 厚生労働省は13日、平成27年の都道府県別平均寿命を発表した。男性は滋賀県が81.78歳で初の首位となり、前回(22年)まで5回連続で男性1位だった長野県(81.75歳)を逆転した。女性は前回に引き続き長野県で87.67歳だった。もっとも平均寿命が短いのは、男女とも青森県(男性78.67歳、女性85.93歳)で男性は9回連続、女性は4回連続で最下位だった。

 全都道府県で前回に比べて寿命が延びたが、特に延びが大きかったのは男性が長崎県(1.5歳)、山口県(1.48歳)、青森県(1.39歳)。女性が鳥取県(1.19歳)、群馬県(0.93歳)、兵庫県(同)。厚労省は「青森県では特に男性の平均寿命の延びが大きく、首位との差は男性で3.11歳、女性で1.74歳と、いずれも縮まった」と分析している。

 死因別にみると、三大疾病(がん、心疾患、脳血管疾患)で死亡する確率が高いのは、男女とも岩手県。がんに限ると、男女とも北海道がもっとも高かった。病気などにならず老衰で死亡する確率が高いのは、男女とも静岡県だった。

 27年の国勢調査や人口動態統計をもとに、都道府県ごとの平均余命を算出した。