今年こそはやめよう… 脳のコンディションを崩す「ついやってしまう」NG行動8 (2/3ページ)

※写真はイメージです(Getty Images)
※写真はイメージです(Getty Images)【拡大】

 「ここで寝たらもったいない」が大切

 夕方の昼寝も気をつけて。「帰宅時間である夕方は、最高体温の時間に入っているので絶対に寝てはいけません。起きている時間が長いほど深く眠れることを忘れずに、“ここで寝たらもったいない”と思うことが大切」

 寝る場所にも注意が必要。「ベッドはあくまで眠る場所。眠くないのにベッドに入って横になるのはやめましょう。睡眠と休息の場所を分け、脳に記憶させます。絵本の読み聞かせもNGです」

 あなたの些細な行動が、脳に思わぬ影響を及ぼす

 忘れないようにとやっていることが脳を疲れさせる?

 「パソコンに付箋を貼るのは、国語の勉強をしている子どもの前で算数の教科書を見せるのと同じこと。視野に入ると、脳は“これをいつやるかな”と考えながら、今の作業を進めることになるので、効率が下がります」

 脳は抽象的な言葉も苦手です。

 「“ちゃんと”や“しっかり”など抽象的な言葉はNG。脳は具体的な言葉で伝えないと行動できないので、“議事録を書く”など、具体的な言葉にして指令を伝えましょう。“やらなきゃ”ではなく“やる”です。また、“できない”も過去のできなかった記憶を引っ張り出してしまうNGワードです」

ひらめきを得たいのであれば、スマホは邪魔