今年こそはやめよう… 脳のコンディションを崩す「ついやってしまう」NG行動8 (3/3ページ)

※写真はイメージです(Getty Images)
※写真はイメージです(Getty Images)【拡大】

 ひらめきを得たいのであれば、スマホは邪魔

 ものによって脳の働きが左右されることも。

 「お風呂やトイレはひらめく場所。ひらめきを得たいのであれば、スマホは邪魔になります。また、女性は触覚が重要。触覚だけは遮断できず、常に脳に情報として送られてしまうので、不快なインナーを着るのはやめましょう。また、タオルにこだわると、お風呂=面倒という記憶も消えます。肌触りのいいものに触れることと脳の働きが関係することを知りましょう」

 些細な行動が、脳に思わぬ影響を及ぼすことを忘れずに。日々のパフォーマンスを上げるためにも、できることからスタートしてみては。

 ユークロニア代表取締役社長●菅原洋平さん

 作業療法士。アクティブスリープ指導士養成講座主宰。生体リズムや脳の仕組みを活用した企業研修を全国で行う。

 (蓮池 由美子 編集=相馬留美)(PRESIDENT Online)