ここが違う、初対面で「好かれる人、嫌われる人」の話し方 「雑談で親しくなれる」は幻想 (3/4ページ)

画像はイメージです(Getty Images)
画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

◆明日から使えるシンプルフレーズ

 人間関係がまだできていない時期の雑談で、自分とは違う考え方や好みの話になった場合、否定的なリアクションを控え、ニュートラルな相槌を使うようにします。

 推奨フレーズは「そうなんですね」。

 この相槌は賛成のときにも反対のときにも使えるので、意思表示を避けたいときの受け止めフレーズとしても覚えておくと便利です。

 逆に、自分と同じ考え方や好みが共通する発言があったときには、積極的にそれを伝えるのがよいでしょう。推奨フレーズは「私も○○なんです」。

 私たちは正しい考え方をしたいという欲求を持っています。自分と似た考えを持っている人は自分の考えの正しさを感じさせてくれる存在。好みが似ているとさらに快適な相互関係を期待するのです。

 次に人間関係を構築していくときの影響を無視できない非言語の部分についても確認しておきましょう。

◆関係を構築するときに気をつけたい3つの非言語コミュニケーション

 人間関係を構築する初期段階は少ない情報によってどんな人間かを推測されやすい時期ともいえます。無意識に発信している非言語コミュニケーションのうち、忘れがちな3つの項目を選びましたので参考になさってください。

【1】表情

 残念ながら人間関係の初期では容姿が大きな判断材料の一つになっています。例えば顔の造作もその代表例。私たちは顔のパーツ(目、鼻、眉など)から、その人がどんな性格なのかを類推して「合わなそうだ」「話しかけにくい」といった判断をしています。

「顎の位置」で印象が変わる