ライフ

「小腹」に負ける人は人生に負ける レジ横でバレる「貯められない人」の本性 (2/5ページ)

 財布のひもが「ユルユルの人」の共通点3

 長年、家計相談を受けていると「お金が貯まらない」と相談してくる方にはいくつかの共通点があることに気づきます。

 【1:コンビニや駅ナカの商業施設などに習慣的に立ち寄る人】

 24時間営業のコンビニエンスストアはとても便利です。だから、利用頻度が自然と高くなります。ただ、店側も客に「ついで買い」「衝動買い」してもらえるように品ぞろえや商品の配置などを工夫しているので、注意が必要です。

 ペットボトルだけ買うつもりが、レジ横のからあげ、フランクフルト、おでんなども買ってしまう。小腹の誘惑に負けてしまう。スーパーでもレジ横に、ようかんやあられなどのお菓子やスイーツが置いてあります。食材など2000円の買い物をする際、レジ前・横の100円程度の商品は不思議とリーズナブルに感じられるものです。レジ待ちをしていると、ついつい、これらをカゴに入れてしまう人は多いのではないでしょうか。

 このような「ついつい買い」はトータルにすると、週単位・月単位ではそれなりに大きな金額になるはずです。

 どうすれば浪費を防ぐことができるでしょうか。答えは、なるべくコンビニに行かないこと。これに尽きます。ペットボトルを買う回数が多いのなら、自宅から鉄瓶などで沸かしたおいしいお水を持って出かける。小腹対策にはひと口サイズのお菓子をバックに入れておく。そうすればコストはぐっと抑えることができるはずです。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus