【介護と福祉のこれから】「畑のにおいが懐かしい」農業と介護の連携に注目 (1/3ページ)

複数の事業所の利用者が集まって縁側でおやつの時間を過ごす=岩手県八幡平市の特定非営利活動法人「里・つむぎ八幡平」
複数の事業所の利用者が集まって縁側でおやつの時間を過ごす=岩手県八幡平市の特定非営利活動法人「里・つむぎ八幡平」【拡大】

東北地方会場でも職場体験スクール

 介護の仕事をより魅力的に伝えるためのプロジェクト「これからの介護・福祉の仕事を考えるデザインスクール」が東北ブロックの会場でも順調に進んでいる。参加者は、農業と福祉が連携するNPO法人(特定非営利活動法人)「里・つむぎ八幡平」(岩手県八幡平市、高橋和人理事長)でインターン(職場体験)を行った。

 スクール受講者の一人で、東日本大震災の被災地を支援する団体職員、笠田一成さん(36)は宮城県岩沼市で牧場「いわぬまひつじ村」を運営。津波被災地区でヒツジ2頭を除草目的で放牧し、地区名の玉浦にちなんだ「たま」と「うら」は次第に人気者になった。今は3ヘクタールの敷地に放牧場、農園、広場、ドッグランが整備されている。

 笠田さんは「過去の記憶に思いをはせながら新しい価値を生みたい。障害者の就労支援を始める予定で、半農半介護を学んで運営に生かしたい」と語った。東北ブロックの次回スクールは「介護の日」の11日に開かれる。(牛田久美)

続きを読む