仲が悪いって本当? 覗いてみたい女の園の裏側とアフター5 (3/3ページ)

※画像はイメージです(Getty Images)
※画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

 3つ目は、「今を楽しむ!」と振り切った時間の使い方をするケースです。先ほどもお伝えしたように受付は残業が少ないので、アフター5の予定を立てやすいです。なので、友達と美味しいご飯を食べにいくことや飲み会、上手に有給などを使って、夜のうちから旅行に出かけるといったような今しかできない、受付嬢ならではの時間の使い方をしている人もたくさんいます。

 受付嬢同士は収入も年齢も近いです。一緒に出かける計画も立てやすいので、私は週に1、2度は一緒に働いている受付嬢とアフター5を楽しんでいましたし、お泊まり会もよくやっていました。

 アフター5の過ごし方は、年齢や家庭環境などによって様々だと思います。みなさんが普段よく訪問する会社の受付嬢や自分の会社で働いている受付嬢に聞いてみると、意外な返答が得られるかもしれません。受付嬢の行動パターンを把握しておくと、お誘いも失敗しないかも!?

【プロフィール】橋本真里子(はしもと・まりこ)

橋本真里子(はしもと・まりこ)ディライテッド株式会社代表取締役CEO
1981年11月生まれ。三重県鈴鹿市出身。武蔵野女子大学(現・武蔵野大学)英語英米文学科卒業。2005年より、トランスコスモスにて受付のキャリアをスタート。その後USEN、ミクシィやGMOインターネットなど、上場企業5社の受付に従事。受付嬢として11年、のべ120万人以上の接客を担当。11年という企業受付の現場の経験を生かし、もっと幅広い受付の効率化を目指し、16年1月にディライテッドを設立。17年1月に、クラウド型受付システム「RECEPTIONIST」をリリース。

【元受付嬢CEOの視線】は受付嬢から起業家に転身した橋本真里子さんが“受付と企業の裏側”を紹介する連載コラムです。更新は原則隔週木曜日。

▼元受付嬢CEOの視線のアーカイブはこちら