中古ファッション買います 買い替え時に下取り、相場教えるアプリも (1/2ページ)

 使わなくなった洋服やバッグなど、中古ファッション用品の買い取りが人気だ。年末の部屋の片付けで、この先も着るのかどうか迷う服、使わないかもしれない小物が出てきた人も多いのでは。そんなとき、自動車のように中古品を「下取り」してくれるサービスが便利。中古品は値動きが激しいため、売り時を見定めるために現在の相場を教えてくれるアプリもある。

年に数回買い替え

 中古ファッションの買い取りは、店舗での査定・買い取りのほか、スタッフが顧客宅を訪問したり、宅配便を利用したりするサービスまで、幅広く展開されている。

 「営業なのでジャケットとスカートやパンツは何着か必要。いつも同じ服では印象が悪いので、年に数回買い替えている」と話す東京都の会社員、橋本蘭さん(36)。2年ほど前から「ZOZOUSED(ゾゾユーズド)」(東京)が運営する「買い替え割」というサービスを利用している。

 通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」で新品を注文すると、それまでに同サイトで購入した商品の中から、中古品として下取り可能な物のリストと価格が表示される。売りたい物を選ぶと、下取り分が新品価格から値引きされ、注文は完了だ。

古くなる前に

 後日、送付用のバッグが郵送されてくる。このバッグに、下取りに出す服を入れて宅配業者に手渡すだけだ。会社側は買い取った商品を中古品販売サイトに出品して売る。橋本さんは「フリマアプリより手軽。着ていない服は古くなる前に売って、限られた収納スペースを有効に使っている」と話す。

 ゾゾユーズドは、約2年前にサービスを開始した。それまでは一般的な中古品買い取りを手掛けていたが、下取りを導入してから利用者は急増したという。宮沢高浩社長は、「グループの膨大な売買データを基に、お客さんに納得してもらえる買い取り価格を提示できるのが強み」と強調する。

続きを読む