【デキる男は住まいから】共働き世帯の理想の暮らし 家族を幸せにするトヨタ式「家事シェア」 (1/3ページ)

 こんにちは、香村薫と申します。片づけの講師として愛知県を中心に全国で活動しています。この連載では私がトヨタグループで学んだ仕事のメソッドをもとに、家族全員が“片づけ・家事がしやすい生活”を実現する方法をご提案します。

 厚生労働省の調査によると、共働き世帯数は専業主婦世帯の2倍に上ります。でも、まだまだ女性が家事を担っている家庭が多いのが現状。それに対して「家族みんなで家事の方法を共有し、それぞれができることをする」のが“家事シェア”です。

 人を責めるな、しくみを責めよ

 「家族がモノを出しっぱなし」「夫に頼むぐらいなら自分でやった方がはやい」-。

 家事シェアを提唱していると、そんな声をよく耳にします。私が職場でよく言われたのが「人を責めるな、しくみを責めよ」です。うまくいかない家事はしくみが合っていないだけなのです。

工場でよく言われた言葉「一秒をバカにしない」