【デキる男は住まいから】クローゼットを「トヨタ式片づけ」でスッキリ 徹底すべきポイントは? (1/3ページ)

 お父さんの週末。先週と同じ服を着ている、ということはありませんか? 服を買いに行っても、待ちくたびれた子供たちから「つまんない~」という声があがり、慌てて選ぼうとするも「あれ? 自分に似合う服がわからない…」という声をよく耳にします。今回は男性に向けたクローゼットの「トヨタ式片づけ」をご紹介したいと思います。(香村薫)

 服の数を数える

 トヨタ式片づけでは「モノの数を数える」ということから始めます。仕事では在庫管理は常識。一方でプライベートなことになると自分の服が何枚あるのか?というのは意外と知らないものです。まずは自分が持っている服を全て集めて夏物と冬物に分けましょう。さらにTシャツ・長そでシャツ・ハーフパンツ・長ズボンなどジャンルごとに分けて、それぞれ何枚持っているかをチェックするのです。

トヨタ式片づけ★その1「モノの数を数える」

トヨタ式片づけ★その1「モノの数を数える」

 数えることで持ち物を俯瞰することができます。よく手にとる素材の傾向や最近はあまり着ない色味の傾向が見えてくるでしょう。

 合計で何着ありましたか? 100着以上お持ちの方は、ぜひ100着以下を目指してください。なぜならそれ以上持っていても記憶に残らないからです。ワンシーズン25着として計算すると進めやすいでしょう。

トレンド服はレンタル