【CAのここだけの話♪】GWの海外旅行ならこの3つの街 ガイドブックが教えないローカルな旅プラン (1/3ページ)

  • 中東系航空会社に勤務する高取美樹さん(本人提供)
  • カラフルな建物が立ち並ぶコペンハーゲンの観光名所ニューハウン。かわいい北欧雑貨屋さんやおしゃれなカフェがたくさんあり、自転車での周遊にぴったりです(高取美樹さん提供)
  • 世界遺産にも登録されているチンクエテッレ。村々が海岸線沿いに点在し、家々はどこもカラフル(高取美樹さん提供)
  • チンクエテッレの村のひとつ、マナローラ。どの村も家々は断崖にへばりつくように建ち並び、急斜面にはぶどうの段々畑も広がっています(高取美樹さん提供)
  • 西日に照らされるマナローラの村。人々はみんなバルコニーや庭で沈む夕日を見ながらワインで乾杯します(高取美樹さん提供)
  • シドニーにあるボンダイビーチはオーストラリアでもっとも有名なビーチのひとつです(高取美樹さん提供)


 SankeiBizの読者のみなさんにだけに客室乗務員(CA)がこっそり教える「ここだけ」の話。第47回は中東系航空会社の日本人CAとして乗務2年目の高取美樹がお送りします。

 今年のゴールデンウィーク(GW)は、うまくいけば10連休を取れるかも…という方もいるのではないでしょうか。普段あまり取れない長期の休み、ぜひ足を伸ばして海外旅行へ行かれるのはいかがでしょうか。

 今回は、私が実際に旅行やフライトで訪れた国々から3つの街を厳選し、ガイドブックには載っていないような楽しみ方をご紹介します。

モットーは「暮らすように旅する」 

 さて、私が旅行をする時にいつも心に留めていることがあります。それは“Be a traveler, not a tourist”です。観光客(tourist)と旅人(traveler)、旅することにおいては同じ意味にもみえますが大きな違いがあると思います。もちろん観光名所をまわることもひとつの楽しみです。その旅程にローカルな体験をひとつ加えてみてはいかがでしょうか? そこで私が目指すのは、未知なる体験や行き当たりばったりを楽しめる「トラベラーガイド(Traveler Guide)」です。

コペンハーゲン 現地の人と同じ目線で幸せのヒント探し

 まず1つ目はデンマークの首都コペンハーゲン。北欧デザイン、高福祉国家、幸福度世界一。人口約600万人のデンマークはさまざまな側面を持ち、他のヨーロッパの国々とは少し違った景色を見ることができる国です。

 デンマーク人の母国語はデンマーク語で言葉が通じるのか不安に思う方もいると思いますが、行ってみるとみんな英語がペラペラです。お店の店員さんも道行く人も何かに困っていれば助けてくれるとても優しい国民性です。

 そんなコペンハーゲンでできるローカルな体験は、自転車で市内をまわることです。公共交通機関も整備されているのですが、運動のため、エコのため、通勤費の節約など、国をあげての徹底した政策があります。実際に私が真冬の1月に訪れた時も気温が氷点下に近いなか、外を見ると、朝まだ暗いうちから自転車に乗って出勤する人が大勢いました。

断崖絶壁を彩る家々