デキる男は住まいから

車の買い替え、気になる最新家電…購買意欲が高いときに妻を説得する方法 (1/3ページ)

香村薫
香村薫

 生活総研の調査によると、今年の5月は大型連休の影響でコト消費が多い一方、将来への不安から消費意欲指数は前年並みにとどまっているそうです。前年の統計によるとここから7月のボーナスに向けて購買意欲は少しずつ上がっていく傾向にあるのですが、「モノを買いたい!」という思いを家族がなかなか理解してくれない、ということはありませんか? そこで今回は、購買意欲が高いときに家族に納得してもらうための3つのポイントをご紹介します。

  • 5年後も使っている姿を想像できる
  • 今、それを持つことで暮らしに劇的な変化がある
  • 使い倒す自信がある

 これら3つの問いかけは、相手を説得するだけでなく、自分自身の購買意欲を抑制する力にもなります。では、それぞれもう少し詳しく見ていきます。

 (1)5年後も使っている姿を想像できるか?

 洋服や靴、バッグ、食器などを買う時にこの問いかけを使います。

 5年後の自分のライフスタイルをイメージすることが大切です。

 NGワードは「一生もの」。一生同じものを使い続けることはそうそうない、ということを妻は知っているので使わないよう意識しましょう。

 購入した場合、これから5年間、飽きることなく使えるかどうか、をじっくりと考えてその思いを伝えてみてはいかがでしょうか。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus