乗るログ

“常識破り”の究極サルーン ポルシェ・パナメーラの最強ハイブリッドに試乗 (2/3ページ)

SankeiBiz編集部

 シャシーが下がり、電動スポイラーが作動

 「SPORT+」を選択中はサスペンションがきゅっと締まり、車高も下がる。すべてが超高速走行に備えたセッティングに様変わりするのだ。一定速度に達すると自動でせり上がるスポイラーは3分割しながら左右に開き、再び合体して1枚のフィンとなる構造だ。しばらくその存在すら知らなかったため、ルームミラー越しにビシッと翼を広げたスポイラーが姿を現したときは、思わず「うぉ、カッケー」と唸ってしまった。動力性能から随所に見え隠れする仕掛けまで、いろんな意味で常識が当てはまらない特別感のあるサルーンだ。

 パナメーラはフロントエンジン・レイアウトで、試乗車は後輪駆動を主体とした四輪駆動方式を採用している。ステアリングはそれほど反力を感じさせない味付けだが、わずかな舵角の変化も感じ取ることのできる操舵感がある。けっして過敏に反応することもなく、むしろしっとり上品にノーズの向きを変える印象だ。ハンドリングが自然で滑らかゆえに、箱根のワインディングも気持ちよく駆け抜けることができる。これには、走行状況に応じて後輪にも舵角を与えるリアアクスルステアリング機構が寄与しているものと思われるが、実際に「いまこれだけ後輪が動いている」と体感できるほどの効果は分からなかった。

 徹底してデジタル化されたインテリア

 足元には21インチのミシュラン・パイロットスポーツ4とカーボンセラミックブレーキを履いている。ホイールに目をやると、ポルシェ・ハイブリッド車の象徴でもあるアシッドグリーン(蛍光の黄緑色)に塗装された巨大なブレーキキャリパーがアピールしてくる。その大きさを見るだけでブレーキ性能の高さが伝わってくるほどの存在感だ。

 インテリアの使い勝手は慣れるまで戸惑うかもしれない。かなりデジタル化されているからだ。ダッシュボードに組み込まれた大型モニターはもちろん、コンソール周りのエアコンや車両セッティングの操作スイッチまでタッチパネル化されている。中央に構えるエアコンの吹き出し口も同様で、なんとタッチパネルを操ってフィンの向きを変えるのだ。未使用時はベントが完全に閉じた状態となる。5連メーターも中央のタコメーター以外はデジタル式で、ステアリング上のスイッチを使って表示内容を切り替えることが可能だ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus