乗るログ

“常識破り”の究極サルーン ポルシェ・パナメーラの最強ハイブリッドに試乗 (3/3ページ)

SankeiBiz編集部

 サルーンとしての快適性はどうか。まずフロントシートは頭部周辺の天井部がくり抜かれた形状で、身長172cmの筆者でこぶしが1個以上入るほどのヘッドクリアランスを確認できた。リヤシートは独立型の2座となっており、特に大柄でもない限り窮屈に感じることはないだろう。後席中央にもコントロールパネルがあり、シートヒーターやブラインドの開閉操作などが可能だ。ちなみにこのクラスのシートになると、着座した瞬間に卓越した品質であることを知ることができる。シート形状やホールド感、素材の張りや感触といったすべてが細部まで作り込まれており、とにかく極上なのだ。

 トランクは大型のゴルフバッグを2つほど積むことができる。リヤシートを倒してトランクスルーにすることも可能。クーペ型サルーンだからこそ、状況に応じた使い方ができるのも魅力だ。

 試乗中に気になったのは3点。高速走行時とは逆に、低中速で路面の凹凸を拾いやすいこと、コインパーキングの出入り口や駐車時の切り返しに難儀したこと、そして、モーター走行はエモーショナルさに欠けることだ。強力なトルク感は魅力的であるものの、個人的な意見として、エンジンよりも感情に響きづらい。これは車両の性格や車格を理解したうえで割り切る必要がある。

 スポーツカーか、サルーンか

 パナメーラは卓越したパフォーマンスを持っているが、ボディ形状や使い勝手を考えればサルーンだ。しかも“超”のつく高性能サルーンであることはスペックを見ても明らか。最も印象的だったのは、居住性に配慮したサルーンでありながら、ドライバーを中心に設計されている点だ。圧倒的なパワーでまっすぐ走るだけではなく、抜群の操縦安定性とスポーツカーフィールを融合させて「走る・曲がる・止まる」を高次元で実現している辺りに、ポルシェがサルーンを手掛ける意味があるように思えた。そうでなければ、他社のプレミアムサルーンでも事足りる。後席を意識しなければスポーツカーを操っているような気分にもなる。そしてターボS E-ハイブリッドには、環境にも配慮した「電動化」という付加価値も与えられているのだ。

 恐らく、ライフステージに合わせて911からパナメーラに乗り換えた人、または検討している人は割と多いと考える。例えば結婚したり家族が増えても、ドライビングプレジャーを放棄する必要はないのだ。とはいえ、同乗者が酔わないように丁寧な運転を心がける必要はあるだろう。家族からブーイングを浴びないためにも、せめて「SPORT+」は1人ドライブのお楽しみにした方がよさそうだ。

【乗るログ】(※旧「試乗インプレ」)は、編集部のクルマ好き記者たちが国内外の注目車種を試乗する連載コラムです。更新は原則隔週土曜日。アーカイブはこちら

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus