受験指導の現場から

コロナで学力差は広がったかもしれない 受験をめぐる階層別「傾向」 (1/2ページ)

吉田克己
吉田克己

 8月16日、何カ月ものあいだ危惧していたことが起こってしまった。何が? と言えば、塾でのクラスターの発生である。

 当日の夜の報道番組と翌朝の各紙で、「都内の塾に通う小中学生7人が陽性 塾の講師から感染か」「学習塾で“クラスター”小中学生7人感染」といった見出しで報じられた。

 各局・各紙ともそれほど大きな扱いではなかったためか、夏期講習会の現場ではほとんどの講師の口の端に上ることはなかったが、業界関係者の誰しもが「このまま何も起こらずに夏期講習会が終わってくれ」と内心で念じていたことだろう。

 筆者が第一報を耳にした時は、「複数の感染者が出たからと言って、講師と生徒のどちらが感染源なのか。生徒の父親由来ということもあり得るだろうし」と、やや甘く見ていた。しかし、報道によるとさにあらず、「学習塾の講師から感染した小学生5人と中学生2人のあわせて7人(中略)。この塾での濃厚接触者は70数人だが、7人のほかに感染者はいない」「30代の塾講師から感染したとみられ、7人中5人は無症状だという。濃厚接触者にあたる生徒ら約65人は陰性だった」とのことである。

 その後、お陰さまで塾関係での広がりは認められず、2学期も無事スタートが切れそうである。

教育の機会格差というより、学習量の差にコロナの影響

 そのような状況下、夏期講習期間中に、小6のいくつかのクラスを担当している講師から、気になる所見を聞かされた。曰く、「今年は、上下の差が大きいんですよ。上位の人数は去年と変わらないんですけど、真ん中が少なくって、そのぶん下のほうが増えていて…」。

 実際、筆者が小6の夏期講習会末のテストの採点を行った時の感覚でも、1学年1クラスの場合、クラス内の差は例年よりも少し大きいような印象はある。

 3カ月前の本欄で「受験生同士の学習格差はほぼない?」と見出しを打ち、「公立の小学校に通う受験生同士には、教育格差(不公平さ)はほとんどない」といった主旨のことを書いたが、少し訂正しなければならないようだ。「公立の小学生については、教育格差(機会の不平等さ)はほとんどなかったが、受験に必要な学力の差(学習格差)は、例年よりは大きくなってしまっているようだ」と。

 つまり、自律的に勉強する生徒と半ばであっても強制されないと勉強しない生徒という分け方で見た場合、後者の生徒の出遅れ感が例年より強まっている、と言えそうなのだ。

 5年生のうちから偏差値70以上の中学校が射程圏内に入っていたような生徒には、昨年と今年とで大きな違いは見られなくても、偏差値50~60前後の中学校の中で少しでも上を目指そうとしていた生徒達が、偏差値の低いほうに向かってロングテール化しているように見受けられる(この見立てが正しければ、得点ベースでの平均値・中央値が下がり、標準偏差が大きくなっているはずだ)。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus