サイトマップ RSS

UFO正体はスパイ偵察機 研究・実験 米「エリア51」存在認める (1/3ページ)

2013.8.18 08:00

 地球に不時着した未確認飛行物体(UFO)や宇宙人を搬入し、米軍がひそかに研究しているとマニアらの間でささやかれてきた米西部ネバダ州の区域「エリア51」について、米政府がその存在を初めて公式に認めた。中央情報局(CIA)が15日に公表した、機密指定を解除された公文書で明らかになった。

 ただ、UFOや宇宙人に関する記述は一切なく、空想をめぐらせてきたマニアを落胆させる内容になっている。エリア51は冷戦時代から今日に至るまで、主に偵察機を秘密裏に研究開発する実験場として機能してきたという。

 公文書は、米ジョージ・ワシントン大学内の研究機関「国家安全保障アーカイブ」のジェフリー・リケルソン主任研究員(63)が2005年に行った情報開示請求に基づいて公開されたもので、約400ページに及ぶ。全編にわたって、エリア51(正式名称はグレーム・レイク空軍基地)が誕生した経緯、役割、行われてきた実験、開発された偵察機などについて詳述している。

侵入者には無警告での発砲も辞さないほど厳重に警備されている

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ