サイトマップ RSS

スカイプ進化の先は“3Dテレビ電話” 驚愕の新技術で通信革命なるか (1/3ページ)

2013.8.30 08:00

 2003年に欧州ルクセンブルクから登場したインターネット電話「スカイプ」が、パソコンのモニターを使った従来のテレビ電話の技術を進化させ、通話相手が画面から飛び出してくるかのような“3D(立体)テレビ電話”の技術を開発したことが8月29日までに分かった。実用化はまだ先になりそうだが、将来は専用眼鏡なしでスマートフォン(高機能携帯電話)でも楽しめるようになるという。米グーグルが開発した現実世界とネットの世界を融合する眼鏡「グーグルグラス」同様、SF映画の世界を現実化する驚愕(きょうがく)の新技術だ。

 複数カメラで被写体撮影

 「われわれは、3D映像をみることができるテレビやパソコンのモニターを多くの人々が買い求めるのを見てきたが、(被写体を)3D映像として撮影し、楽しめる機器はまだ登場していない…」

 11年にスカイプを買収した米マイクロソフト(MS)のマーク・ジレット本社副社長(スカイプ部門)は、今回の“3Dテレビ電話”技術の開発に至るきっかけなどをこう説明した。

3D映像の将来性を危惧する声も少なくないが

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ