サイトマップ RSS

世界遺産「富士山」 抱える課題と取り組み(下) 信仰の歴史 若い世代に伝える好機 (3/4ページ)

2013.11.12 19:01

来館者に説明をする富士吉田市歴史民俗博物館の学芸員、布施光敏さん(中央)=2013(平成25)年10月30日、山梨県富士吉田市(中央大学FLP深澤ゼミ有志学生記者撮影)。※一部画像を加工しています。

来館者に説明をする富士吉田市歴史民俗博物館の学芸員、布施光敏さん(中央)=2013(平成25)年10月30日、山梨県富士吉田市(中央大学FLP深澤ゼミ有志学生記者撮影)。※一部画像を加工しています。【拡大】

  • 山梨県富士吉田市にある「北口本宮冨士浅間神社」の宮司、上文司厚さん=2013(平成25)年7月1日(中央大学FLP深澤ゼミ有志学生記者撮影)
  • 世界文化遺産に登録された富士山=2013(平成25)年6月22日午後0時26分、静岡県富士宮市(共同通信社機から撮影)
  • 世界文化遺産登録が決まった「富士山」の内容=2013(平成25)年6月22日

 「どこか神妙な気持ちで登っていく日本人登山者に比べ、外国人登山者はレジャー感覚で登っている感じがしています」と、北口本宮冨士浅間神社の宮司、上文司厚さん(51)は話す。多くの日本人が子供のころから富士山を身近に感じ、自然と信仰心を持つようになる。上文司さんは「外国人にも、レジャーとしての登山だけではなく、少しでも富士山信仰を感じて登ってもらいたい」と、望んでいる。

 そのため、外国人にもわかりやすく富士山信仰の歴史を説明するようにしているという。

 もっと信仰心を持って登ってほしいのは、日本人も同じ。かつては、300メートルの参道を歩いて神社に参拝し、登山に挑む人が多かった。ところが、現在は参拝をせずに5合目から登るのが当たり前。参拝者も、ツアーバスや車でやってきてすぐ移動していく。いわゆる「弾丸登山」だけでなく、「弾丸参拝」が増えているという。

富士山信仰の歴史を話せる人は地元でも70歳以上の人ばかり

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ