サイトマップ RSS

アイスランド紀行 大自然 氷が生きている (2/2ページ)

2013.11.15 12:08

アイスランド語で「森の滝」を意味するスコガフォスの上流にある滝。野の草が枯れはじめ、秋の終わりを告げている=10月11日、アイスランド(堀川亮子撮影)

アイスランド語で「森の滝」を意味するスコガフォスの上流にある滝。野の草が枯れはじめ、秋の終わりを告げている=10月11日、アイスランド(堀川亮子撮影)【拡大】

  • アイスランド最大の氷河湖であるヨークルサルロン。約1000年以上も前に形成された氷河から崩れ落ちた氷河が氷山となって浮かんでいる様は圧巻=10月13日、アイスランド(堀川亮子撮影)
  • 地熱発電所で発電した後に残る温泉水を利用、周辺の溶岩台地の景観を生かした温泉リゾート、ブルーラグーン=10月14日、アイスランド(堀川亮子撮影)
  • 5~10分おきに高さ30メートルほどの水柱を噴き上げる間欠泉。その瞬間をカメラに収めようと、周辺には今か今かと待ちわびる人たちが常に集まる=10月15日、アイスランド・ストロックル間欠泉(堀川亮子撮影)
  • 世界文化遺産である「シンクベトリル国立公園」は、地球の割れ目が地上に露出した極めて珍しい大地が一望できる。割れ目を歩くことも可能だ=10月14日、アイスランド(堀川亮子撮影)
  • オーロラを見るためのバスツアーもあるが、運がよいと市内でも見ることができる=10月15日、アイスランド(堀川亮子撮影)
  • アイスランド・首都レイキャビック、ヨーロッパ最大の氷河「バトナヨークトル(バトナ氷河)」、世界文化遺産「シンクベトリル国立公園」

 ≪豪快な水柱 大地の胎動感じて≫

 「氷」の次は「火」。人気観光エリア、ゴールデン・サークルは、レイキャビクから東へ約30~120キロと比較的近く、自然と世界遺産の両方を楽しめるとあって、日帰り観光の「定番」となっている。

 地熱で大地から白い蒸気が上がり、車の中にいても硫黄のにおいが鼻をつく。アイスランドのシンボル的存在、ゲイシールは英語の「間欠泉(geyser)」の語源ともなっている。かつては70メートルの高さまで噴き上げていたゲイシール間欠泉も現在は活動を停止。代わって、すぐそばのストロックル間欠泉が観光客を楽しませていた。5~10分おきに噴出する様は迫力も規模も毎回異なり、予想のできない噴き上げの営みはいつまでも飽きないおもしろさがある。

 世界文化遺産である「シンクベトリル国立公園」では、ユーラシア大陸と北米大陸の両プレートの引っ張り合いでできた地球の「割れ目」を一望。火山活動とともに国土を1年に約2センチ拡大させ続けるアイスランドは、胎動する大地の国だ。

 そして、アイスランドの地熱を利用した、世界最大級の露天風呂ブルーラグーンで旅の疲れを癒やす。ミネラル豊富なミルキーブルーの温泉水は皮膚病に効くとされる塩温泉で、海水よりもしょっぱかった。

 旅の最後の日、レイキャビク市内で空を見上げると色鮮やかなオーロラが。刻一刻と姿を変える美しいオーロラダンスに、「アイスランドの魅力はまだまだあるよ」とささやかれた気がした。(産経デジタル 堀川亮子、写真も/SANKEI EXPRESS

 ■アイスランド 面積は、10万3000平方キロメートルと北海道と四国をあわせたよりやや広い。アイスランド語が公用語だが、ほとんどの場所で英語、デンマーク語が通じる。通貨はアイルランドクローナ。時差は、日本時間からマイナス9時間。北極圏に接するが冬の一番寒い時期でもマイナス5度前後と穏やか。日本からの定期的な直行便はなく、ヨーロッパで乗り換えるのが一般的。コペンハーゲン経由で約15時間、ロンドン経由で約16時間など。夏期限定の直行便で約12時間。(いずれも乗り換え時間を含まず)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ