サイトマップ RSS

【エコノナビ】赤ちゃんの生きる権利 (1/2ページ)

2013.12.25 09:40

新出生前診断の集計結果(2013年4~6月)=2013年7月17日現在

新出生前診断の集計結果(2013年4~6月)=2013年7月17日現在【拡大】

  • 新出生前診断の認定施設=2013年4月1日現在
  • 新出生前診断を受ける場合の検査の流れ=2012年12月18日現在
  • 新出生前診断の指針案骨子=2012年12月18日現在

 妊婦の血液を採取して胎児に染色体異常があるかどうかを調べる新型出生前診断が今年4月から始まって9カ月。検査を実施している産婦人科医らでつくる団体が今年4月から半年間の検査結果を集計したところ、陽性(異常の可能性が高い)と判定され羊水検査で診断が確定した妊婦のほとんどが人工妊娠中絶を選択したという。

 この検査はダウン症など3種類の染色体異常が調べられるそうだが、集計結果から「赤ちゃんの生きる権利」について考えさせられた。

 出生前診断について日本産科婦人科学会は、安易な胎児の選別につながらないようにする指針を定めている。特に高齢妊娠など染色体異常が起きる可能性が高い場合を検査の対象とし、実施する病院には親に対するカウンセリングの充実などを求めている。

 とはいえ、妊婦らはどのようなカウンセリングを受けた末に中絶を決断したのだろうか。もし、「この子が障害を持って生まれてくるのはかわいそう」という理由での中絶なら問題は大きい。「かわいそう」という判断には、命を奪われる赤ちゃんの意思は何ら考慮されていない。そして、かわいそうなのはダウン症の子供を育てることになる自分自身であることが少なくない。

親は赤ちゃんの命に対する決定権をどこまで持つことが許されるのか

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ