サイトマップ RSS

女性の視点から描きました 映画「皇帝と公爵」 バレリア・サルミエント監督インタビュー (1/3ページ)

2013.12.27 14:00

難しい映画を撮っているように見えるが、「私生活では陽気でおしゃべりが大好きな人」と語るバレリア・サルミエント監督=東京都千代田区(高橋天地撮影)

難しい映画を撮っているように見えるが、「私生活では陽気でおしゃべりが大好きな人」と語るバレリア・サルミエント監督=東京都千代田区(高橋天地撮影)【拡大】

  • 【かざすンAR(視聴無料)】映画「皇帝と公爵」(バレリア・サルミエント監督)。12月28日公開(アルシネテラン)。(C)ALFAMA_FILMS/FRANCE_3_CINEMA_2012

 1810年、フランス。武勇を誇るナポレオン皇帝はマッセナ元帥(メルビル・プポー)にポルトガル征服を命じ、ほどなくフランス軍は容易に任務を遂行したが、それはアイルランド貴族で2度英首相を務めたウェリントン将軍(ジョン・マルコビッチ)が仕掛けたわなだった…。

 チリで生まれ、フランスへ亡命して映画監督を続けたラウル・ルイス監督(1941~2011年)の手による最後のプロジェクトが本作「皇帝と公爵」。ウェリントン将軍(1769~1852年)が率いる英国とポルトガルの連合軍がフランス軍を破るまでを描いた壮大な大河ロマンだ。撮影前にルイス監督が急逝したため、長年彼の作品で助監督を務めてきた妻のバレリア・サルミエント(65)が監督として登板した。

 「監督を引き受けたのは私にとって大きな決断ではありません。経験がありましたから。むしろプロデューサーの方が大変だったかもしれませんよ」。6月の「フランス映画祭2013」のゲストとして来日したサルミエント監督は苦笑いを浮かべ、ドタバタした舞台裏の説明を始めた。「夫の死後、プロデューサーはマルコビッチにピンチヒッターを頼みました。でも『僕には無理だ』と断られ、それで私に打診があったのです」

亡夫も激励してくれるはず

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ