サイトマップ RSS

語ることがなければ消えてしまうのです 映画「フォンターナ広場 イタリアの陰謀」 マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督に聞く (1/4ページ)

2013.12.27 15:00

「俳優たちは資料を調べ、当時の映像をよく研究して、役作りに臨んでくれた」と語るマルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督(ムヴィオラ提供)

「俳優たちは資料を調べ、当時の映像をよく研究して、役作りに臨んでくれた」と語るマルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督(ムヴィオラ提供)【拡大】

  • 【かざすンAR(視聴無料)】映画「フォンターナ広場_イタリアの陰謀」(マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督)。公開中(ムヴィオラ提供)

 1969年12月12日、イタリア・ミラノの銀行が何者かに爆破され、100人を超す死傷者が出た。捜査当局はアナキストたちを逮捕したが、リーダーの男、ジュゼッペ・ピネッリ(ピエルフランチェスコ・ファビーノ)が署内で謎の転落死を遂げたことで、世論は黒幕が別にいるのではないかと敏感に感じ取る。取り調べを担当したルイージ・カラブレージ警視(ヴァレリオ・マスタンドレア)は真相に迫ろうとするが…。

 イタリアを代表する映画監督、マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ(63)の新作「フォンターナ広場 イタリアの陰謀」(公開中)は、当時のイタリアを震撼(しんかん)させた未解決のテロ事件「フォンターナ広場爆破事件」を掘り起こした社会派作品だ。複雑なイタリアの内政事情に手を焼いたようだが、登場人物はすべて実名で、存命者もいるだけに、作品には手抜かりなく描こうという緊迫感が最後までみなぎっている。

現場に居合わせ衝撃受け

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ