サイトマップ RSS

【都知事選】きょう告示 細川氏が出馬会見 原発ゼロ訴え 「都も責任追う」 (2/4ページ)

2014.1.23 07:10

出馬会見に臨んだ元首相の細川護煕(もりひろ)氏(76)。脱原発を争点にあげた=2014年1月22日、東京都新宿区(宮崎裕士撮影)

出馬会見に臨んだ元首相の細川護煕(もりひろ)氏(76)。脱原発を争点にあげた=2014年1月22日、東京都新宿区(宮崎裕士撮影)【拡大】

  • 都庁の近く設置された東京都知事選のポスター掲示板=2014年1月17日、東京都新宿区(松本健吾撮影)
  • 自民党都連の幹部会合に出席してあいさつを終え、手を振って退席する舛添(ますぞえ)要一元厚労相。右端は都連会長の石原伸晃(のぶてる)環境相、左端は下村博文(しもむら・はくぶん)文科相=2014年1月16日、東京都千代田区永田町の自民党本部(酒巻俊介撮影)
  • 前日弁連会長の宇都宮健児氏=2012年11月9日、衆院第一議員会館(小野淳一撮影)
  • 都知事選出馬を表明した会見を終え、日本(にっぽん)維新の会の石原慎太郎共同代表(右)と握手を交わす元航空幕僚長の田母神(たもがみ)俊雄氏=2014年1月7日午後、衆院第1議員会館(酒巻俊介撮影)

 都知事選には発明家のドクター・中松氏(85)らも立候補を予定。計15人が都選挙管理委員会での事前審査を終えている。

 ≪原発ゼロ訴え 「都も責任追う」≫

 「災害対策より脱原発」「東京東北五輪・パラリンピックに」。東京都知事選告示前日となった1月22日、元首相の細川護煕(もりひろ)氏(76)は、ようやく正式な出馬会見を開き、再び「脱原発」を訴えた。2度にわたり会見を延期し政策を練り上げてきたというが、1時間以上に及び続いた会見の中では、都が抱える問題への政策の具体性は示されなかった。

 最後のご奉公

 細川氏は濃紺のスーツに、久しぶりに締めたという赤のネクタイ姿で、ゆっくりと歩を進め、席に着いた。足の踏み場もないほど詰めかけた報道陣を前に苦笑いを浮かべ、用意してきた決意文を読み上げた。

 「東日本大震災後は脱原発の声をあげてきた。都知事選のことは数日前まで思っていなかったが、周囲から『最後のご奉公をすべきだ』といわれ、脱原発の同志の小泉純一郎元首相から強いメッセージを受け意を決した」

最優先の課題

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ