サイトマップ RSS

【都知事選】きょう告示 細川氏が出馬会見 原発ゼロ訴え 「都も責任追う」 (3/4ページ)

2014.1.23 07:10

出馬会見に臨んだ元首相の細川護煕(もりひろ)氏(76)。脱原発を争点にあげた=2014年1月22日、東京都新宿区(宮崎裕士撮影)

出馬会見に臨んだ元首相の細川護煕(もりひろ)氏(76)。脱原発を争点にあげた=2014年1月22日、東京都新宿区(宮崎裕士撮影)【拡大】

  • 都庁の近く設置された東京都知事選のポスター掲示板=2014年1月17日、東京都新宿区(松本健吾撮影)
  • 自民党都連の幹部会合に出席してあいさつを終え、手を振って退席する舛添(ますぞえ)要一元厚労相。右端は都連会長の石原伸晃(のぶてる)環境相、左端は下村博文(しもむら・はくぶん)文科相=2014年1月16日、東京都千代田区永田町の自民党本部(酒巻俊介撮影)
  • 前日弁連会長の宇都宮健児氏=2012年11月9日、衆院第一議員会館(小野淳一撮影)
  • 都知事選出馬を表明した会見を終え、日本(にっぽん)維新の会の石原慎太郎共同代表(右)と握手を交わす元航空幕僚長の田母神(たもがみ)俊雄氏=2014年1月7日午後、衆院第1議員会館(酒巻俊介撮影)

 手元の資料に目を落としながら、細川氏はゆっくりと読み上げていく。

 「震災直後は、もろ手を挙げて五輪に賛成する気持ちになれなかったが、開催が決まり、新しい東京、日本の建設にとって、絶好の機会と思い直し、歓迎するようになった。東京東北五輪・パラリンピックにできないかと考えている」

 細川氏は1994年、熊本県知事に初当選する前に佐川急便から1億円を借り入れていた問題や、NTT株大量取得問題で追及を受け内閣退陣に追い込まれた経緯があり、質疑応答では当初、この問題への質問が集中した。

 最優先の課題

 ――佐川急便問題では疑惑は残るが

 「佐川の問題は熊本の古い家の修復、宿舎のマンション購入のために1億円を借り入れた。その後、10年かけて返済した。提出した資料からも明白だ」

 ――NTT株については説明が二転三転するような場面もあったが見解は

 「義父の取引と説明している。繰り返し説明し二転三転していない」

 ――脱原発を唱える立候補予定者はほかにもいるが違いはあるのか

 「最優先の課題だと言っているのは、私だけだ」

原発の問題は、一番優先的に取り組むべきだ。脱原発の選挙だと思う

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ