サイトマップ RSS

似た性格で演じやすかった 映画「神奈川芸術大学映像学科研究室」 笠原千尋さんインタビュー (1/3ページ)

2014.1.24 15:30

「隠蔽の経験?_隠蔽なので明言は避けますが、あんなことやこんなことです」と語る、女優の笠原千尋さん=2014年1月15日、東京都品川区(野村成次撮影)

「隠蔽の経験?_隠蔽なので明言は避けますが、あんなことやこんなことです」と語る、女優の笠原千尋さん=2014年1月15日、東京都品川区(野村成次撮影)【拡大】

  • 【かざすンAR(視聴無料)】映画「神奈川芸術大学映像学科研究室」(坂下雄一郎監督)。1月25日公開(提供写真)。(C)東京藝術大学大学院映像研究科

 「神奈川芸術大学映像学科研究室」。いかにも作り手側の都合だけを優先させた、どこか独善的で、こざかしい、“芸術的”な香りが漂ってくる長いタイトルだが、蓋を開けてみれば、人間関係のあり方をしっかりと考えさせてくれる良質かつ実戦的な教科書だった。黒沢清(58)と大森一樹(61)の両監督に師事した新進気鋭の坂下雄一郎監督(27)が、東京芸大大学院映像研究科の修了作品として手がけた。

 神奈川芸術大学映像学科の非常勤助手・奥田明(飯田芳)は、事なかれ主義の教授陣と、何かと問題を起こす学生たちの間で板挟みとなっていた。そんなある日、奥田は学生たちが大学の機材を盗み出している現場に遭遇。窃盗事件が表沙汰になることを恐れた教授陣はウソの報告書を作成するよう指示する。ところが、報告書の矛盾点が学内関係者から指摘されるや、事態は次々と悪い方向へ向かい…。

 隠蔽? 顔に出ます

 ウソを重ねざるを得ない奥田を尻目に淡々と自分の仕事をこなしていくクールな同僚、映像学科非常勤助手の安藤千春を演じたのが笠原千尋(23)。「自分とこんなにも性格が似た人物を演じるとは思いませんでした。私も真面目できちょうめん。学生時代は夏休みの宿題を早めに終えてしまうような女の子でしたよ。でも反面、『規則で決まっているから』とか、融通が利かないんですよね」。監督からは「淡々と真面目に演じてください」とだけ指示があったが、笠原は「私にとっては演じやすかったなあ」と声を弾ませた。

目標ができると、実現へ向けてまっしぐら

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ