サイトマップ RSS

太陽が力 120時間世界一周 「ソーラー・インパルス2」公開 (2/3ページ)

2014.4.11 00:00

 AP通信やフランス通信(AFP)などによると、ソーラー・インパルス2は、翼と胴体に装着した約1万7000個の太陽電池パネルで起こした電気を動力源とする1人乗りのプロペラ機。時速140キロで飛行し、夜間用の蓄電池も備えており、故障しない限り飛び続けられる。

 飛行性能を高めるため、両翼を初号機よりも8メートル長い72メートルに伸ばした。これは史上最大の旅客機といわれる総2階建てのエアバスA380に匹敵する。一方で、重量はわずか2.3トンと、A380の100分の1しかない。1平方メートル当たり約25グラムの炭素繊維を使用することで超軽量化を図った。

 来年4月にも出発

 世界一周飛行は、気象条件が最適となる来年4月から7月の間の時期に、ペルシャ湾から東に向けて飛び立つという。

 パイロットは、ピカール社長とボルシュベルクCEOが自ら務める。ピカール氏は1999年に気球による初の無着陸世界一周飛行を達成。ボルシュベックCEOも元スイス空軍のパイロットで腕前は引けを取らない。

再生可能エネルギーとクリーン技術の可能性を全世界にアピールする考え

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ